HOME > 会社情報 > CSR活動

会社情報

CSR活動・安全への取り組み

エコステージ

1.エコステージとは

エコステージは、ISO14001の理念を踏まえつつ、従来の経営管理システムを基盤として、そこに「環境」という視点を導入することで「経営とリンクした環境マネジメントシステム」へ進化させようとするものです。

さらに、段階的にステージアップしていくことにより、CSRの実現も視野に入れた経営改善の支援ツールです。

環境に関する方針・目標等の決定事項を末端まで浸透させ、過程をよく分析し、目標を達成していく、一連のPDCAサイクルを構築することを主旨としており、組織がエコステージを導入することで、生産性向上、コストダウン、サービスの拡販など経営効率の向上とリスクマネジメントの強化を目的としています。

2. 認証取得
環境保全行動計画

札幌通運は、全事業所において平成18年4月27日付で「ステージ1」の、平成21年3月12日付で「ステージ2」の認証取得を達成しました。これからも、エコドライブ、廃棄物削減、消費エネルギーの削減等に積極的に取り組み、更なる環境負荷低減を推進していきます。

エコステージ協会HP・・・http://www.ecostage.org/

 

 

 

 

 

運輸安全マネージメント 〜輸送の安全への取組み〜

項  目 内    容
基本方針
札幌通運株式会社の社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に対して安全意識の周知徹底を図り、主導的な立場で輸送の安全を確保するため、積極的に安全に対する改善・改革に取組んでいます。
札幌通運株式会社は優れた輸送システムと効率的な輸送体制により、お客様に大きな満足をお届けするため、”モノを運ぶ、〜それは暮らしを運び、笑顔を運ぶこと”をモットーに常に安全・安心な輸送サービスを提供します。
安全マネジメントを確実に実施して、継続的に安全対策を見直し、輸送の安全性の向上に努めると共に輸送の安全に関する情報について適切に公表します。
重点施策
輸送の安全を確保するために
1 デジタルタコメーターの活用やIT点呼などを実施した総合的な安全運転管理を徹底しております。
2 事故防止に向けた安全大会を実施し、運転者の安全意識の高揚を図っております。
3 運行管理委員会を毎月定期的に開催し、車両事故に関する情報を共有して未然防止に努めております。
4 定期的な監査を実施し、改善指導の強化を図っております。
5 定期的な運転者教育及び指導者の育成を図っております。
6 Gマーク(安全性優良事業所)認定取得の推進を図り、11店所がGマーク認定取得事業所となっております。
 等を実施し、より一層の安全の確保を目指して、会社全体が一丸となって取組んでおります。
目標及びその達成状況
※平成30年度における安全対策<交通事故関係>
 <重点目標>
有責交通事故の根絶
バック時における事故の絶滅
 <重点推進事項>
1 バック事故絶滅を目指した事故防止教育の実施
2 危険予知トレーニング(KYT)・ヒヤリハットを取り入れた指導の実施
3 指導体制の組織化・見える化と責任体制の強化による意識向上
4 発生事故事例の展開による考えさせる指導教育の実施
  平成30年度目標 平成29年度実績 平成28年度実績
重大事故件数 0件 0件 0件
達成度   達成 達成
上記以外の事故件数 0件 15件 29件
達成度   未達成 未達成

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計 平成29年度は報告事故は発生致しておりません。
組織体制及び指揮命令系統 当社は「現業店管理本部 現業システム改革・品質安全推進部長 鈴木崇史」を安全統括責任者として平成30年4月1日付で選任しております。なお、指揮命令は安全管理規程の安全管理組織図 [別途1] にて行っております。
安全に関する計画
事故防止を目的とした安全大会を7月に札幌で開催し、運転者の安全意識の高揚を図っております。
冬期交通事故ゼロ運動を毎年12月から翌年の2月までの3ヶ月間実施しております。
全運転者に平成30年度における交通事故防止目標を自ら設定させ、その目標達成のために自己啓発させております。
営業用車両にデジタルタコグラフを装着し速度、運転時間などの管理を行い安全運転教育を行っております。
運行管理委員会(全支店及びグループ会社)を毎月定期的に開催して交通事故に関する情報を共有し、その原因、防止対策等を協議すると共に再発防止に努めております。
毎年購入車両(約30〜50台)の全車にバックアイカメラを装着しております。
発生した事故に関して、その情報及び安全対策を社内イントラネットにより、全店に伝達し、その情報を共有しております。
事故・災害等に関する報告連絡体制 安全管理規程の事故・災害時に関する報告、連絡体制で定めております。なお、報告、連絡体制図は [別途2] のとおりであります。
安全に関する教育及び研修の計画
全店において毎月2回の運転者指導教育を実施しております。
全運転者に毎年健康診断を受診させ、3年に1回運転者としての適性診断を受診させております。
平成25年度から運転者に対する安全運転知識テスト実施し、道交法等の法令の再確認と安全運転に関する知識の高揚に努めております。
輸送品質No.1を目指し、接遇マナー、車輌の点検整備の研修を実施し、個人の業務レベルの向上に努めております。
内部監査の実施とその結果を踏まえた措置内容
全支店及びグループ会社を対象として、年2回以上の内部監査を実施しております。
重大事故、災害等が発生した場合、緊急に輸送の安全に関する内部監査を実施します。
上記1、2の内部監査の結果に応じて改善指導を行い、是正・予防措置を講じております。

安全管理体制組織図

安全管理体制組織図

 

事故・災害時に関する報告・連絡体制図

事故・災害時に関する報告・連絡体制図

 

支店(営業所)の一覧

支店(営業所)の一覧